関連
サイト

MENU

ガルバリウム鋼板の特徴とメリットデメリット |株式会社ミヤケン|

column

ガルバリウム鋼板屋根の特徴とメリット・デメリット

皆様ガルバリウム鋼板という素材をご存知でしょうか?
主に屋根材として多く使われることがありますが、
最近では外壁材としても使用される事例が多くなってきています。

そこで今回はガルバリウム鋼板屋根ってどんな屋根材なのか、特徴とメリットデメリットをご紹介いたします。

≪特徴≫
ガルバリウム鋼板は、
ガルバリウム鋼板は、アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%から成る、アルミ亜鉛合金めっき鋼板です。
アルミニウムの特徴である耐食性、加工性、耐熱性、熱反射性と、亜鉛の特徴である犠牲防食機能により、
従来の鋼板よりも、さらに耐久性に優れ、あらゆる用途に対応できる画期的な鋼板です。

≪メリット≫

①サビに強い
ガルバリウム鋼板は金属で出来ているにもかかわらず非常にサビにくいです。
建材におけるサビは、美観を大きく損なうために看過できません。
その為、サビが起こりにくいというのは金属系外装材として非常に優位性があります。

②耐久性に優れている
亜鉛めっき鋼板の犠牲防食機能と、アルミめっき鋼板の長期耐久性を合わせ持つため、
特に酸性雨に強い素材になっています。
例えば、海岸地域でトタンと比較して3~6倍の寿命が期待できます。
トタンの場合だと5~10年程度だったところが、ガルバリウム鋼板の場合、10年~20年と長寿命化しています。

③耐震性に優れている
「金属なのになぜ軽いの?」とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、
ガルバリウム鋼板は非常に薄い板(薄さ1~3mmほど)のため、
サイディングなどと比較してもガルバリウム鋼板は圧倒的に軽くて丈夫、地震に強い外装材なのです。

④耐熱性・熱反射性に優れている
トタンと比較して、太陽熱の日射熱反射率が高く、特に夏季には表面温度・屋内温度を抑制することができます。
また、めっき層中のアルミニウム含有率が、質量比で55%、容積比で80%と高く、アルミめっき鋼板に近い耐熱性を持っています。

⑤デザイン性に優れている
薄くて着色性が高いのがガルバリウムの特徴です。
その薄さからソリットな印象を持たせやすいために建築家によって多様されています。
また、黒などの他の建材では実現しにくい暗色カラーが存在しており、印象的な外観を演出できます。

≪デメリット≫

①初期費用が高め
ガルバリウム鋼板の屋根や外壁は、実は割とデリケートな建材です。
例えば、施工時には他の金属と接触させないように気をつけたり、湿気を全く通さない為別途湿気を逃がす工夫が必要だったりと、
施工に注意が必要為、その分施工コストが高くつきやすいと言えます。

②メンテナンス費用が高め
「ガルバリウムはメンテナンスフリーです」という工務店がいますが、完全に間違いです。
いくら耐久性が良いといってもメンテナンスは必要です。
ガルバリウム鋼板はその特性上、汚れなどが付着しづらいため、塗装乗りも悪くなります。
経験値の浅い業者がガルバリウム鋼板の塗装を行う場合、塗料の定着が甘くなることがあり、
わずか数年で剥がれ落ちることがありますのでコストが高くなるケースがあります。

③サビにくいがサビないわけではない
メリットの一番で「錆に強い」と言いましたが、全く錆びないという事ではありません。
特に塩害に弱いので、海に近い地域では特に注意が必要です。

≪まとめ≫
ガルバリウム鋼板は、カバー工法にも適しており、良質素材ですがメンテナンスフリーというのは言い過ぎで、実際には10~20年毎に、塗り替えなどのメンテナンスが必要です。
ミヤケンではガルバリウム鋼板の多くのメンテナンス実績がありますので、
是非何かメンテナンスのことで、お悩みのことがありましたらお気軽にお問合せ下さいませ。

TOP