関連
サイト

MENU

屋根塗装・外壁塗装|群馬県前橋市で屋根の塗装ならミヤケン

tosou

こんなお悩みありませんか?
施工前

外壁が色褪せてきた…

屋根の様子が気になる

屋根材の破片が落ちてきた

コケが生えている

屋根の修理が必要かもしれません…

 

ミヤケンで屋根塗装工事をご検討されてはいかがでしょうか?
まずは屋根塗装工事が必要かどうか、建物診断・お見積もりをご用命ください。

屋根の種類

屋根の種類は大きく分けて、2種類あります。
お家全体のイメージを左右しますので、素材にもこだわりたいものです。
このほかにも、ハウスメーカー様独自の屋根材などもあります。

粘土系

yanesozai_s1-img1

粘土瓦

粘土を使った焼物の屋根材です。
粘土瓦には日本ではもっとも一般的で古くからある伝統的な和瓦と、西洋風の住宅に似合う洋瓦があります。
和瓦・洋瓦とも耐久性は非常に高く、耐用年数は50年~100年と、屋根材の中でも一番長持ちするといってもよいでしょう。
また色を焼き付けていますので表面の色が劣化することがなく、塗装の必要がないため、メンテナンス費用も抑えられます

デメリットとしては、他の屋根材に比べて価格が高く初期費用がかかること、重量があるため耐震性が懸念されることです。
新築の場合は瓦の重量に合わせた設計が可能ですが、リフォームであとから瓦を葺くことはあまりおすすめできません。

toryousyurui_fuso

スレート屋根(コロニアル屋根)

厚さ5〜6mmのセメントに繊維材料を混合して強化した素材です。軽量で耐震性・耐火性があり、種類も豊富、施工しやすい、安価などのメリットから、現在の日本の新築で最も多く使用されている屋根材です。

デメリットは、屋根材自体に防水性がないことです。表面のアクリル樹脂塗装は、10年ほどで塗膜が劣化してしまいます。そのため、再塗装や葺き替えなどのメンテナンスを約10年サイクルで行う必要があります。

yanesozai_s2-img3

セメント瓦

セメントと砂を原料に、表面を塗装したものです。耐火性や遮音性があること、さまざまな色に着色できるためデザイン性も良いことが特徴です。和瓦と同様に重量がありますが、価格は和瓦に比べてお手頃です。

しかし和瓦より割れやすく、セメント瓦そのものには防水性がないため定期的な塗装メンテナンスが必要です。10年を目安に塗装メンテナンス、20年程度で全面葺き替えを検討しなければなりません。

yanesozai_s3-img2

アスファルトシングル

アスファルト性の防水紙の表面に細かい石を付けた屋根材で、アメリカの住宅では80%のシェアを誇ります。柔らかいので割れることがなく、防水紙と石からできているのでサビの心配もありません。またシート状でハサミやカッターで切ることができるため施工性にも優れています。耐久性は20年〜30年といわれます。

デメリットは輸入品で価格が高いこと、そして国内の流通が少なく施工業者もあまり多くありません。地震でアスファルトシングルがずれてしまうなど施工不良が起きやすいのも普及していない原因かもしれません。

金属系

yanesozai_s3-img1

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板はアルミニウム、亜鉛、シリコンなどからなるアルミ亜鉛合金メッキ鋼板です。錆びにくく軽量で、スレート瓦の上に直接施工できる重ね葺きも可能なためリフォームでも大人気です。軽量で耐震性に優れ、耐久性は30年と非常に長くメンテナンス費用も抑えられます。

デメリットは、音が反響しやすい、塩害に弱く沿岸部では耐久年数が落ちる、などがあります。

no_image

自然石粒付鋼板

自然石粒付鋼板はガルバリウム鋼板やジンカリウム鋼板の表面に細かい石粒(砂状)をコーティングした新しい屋根材です。コーティングされた表面の石粒によって防音性、断熱性が高まります。再塗装が不要でメンテナンスも少なくすみます。

耐久性は40年~50年と長いのですが、新しい屋根材であるため施工に対応できる業者が多くありません

コーキングの劣化

ステンレス

錆びにくい素材のため、塩害の被害をうけることもあまりありません。耐久性も50年ほどで、軽量、耐震性にもすぐれておりメンテナンスも屋根の下地の修理程度で済みます。

しかし、他の金属屋根に比べるとかなり高価なため、あまり普及していません。

屋根塗装の目安
色褪せ

屋根外壁の塗装目安は、新築してから10年~20年に塗装すると言われています。
塗装工事はだたお家の見た目を変えるだけでなく、
本来は、雨漏りを防いでお家を守ってくれるとても大切な役割をしてくれるのです。

ですが、普段じっくりと屋根外壁を見ることは少ないですよね。
特に屋根は実際に見てみるのは難しいと思います。
その時は外壁の異変に気付いた時に、屋根も一緒に気にしてみることが大切です。
屋根外壁に小さな異変があった時は、専門業者さんにお家の状態を見てもらうことをおすすめします。

TOP