関連
サイト

MENU

コラム|屋根工事・屋根リフォームなら前橋市の㈱ミヤケン

column

雨樋の中から草が生えている!そんな時はどうする? | 雨漏り関連

雨樋の中から草が生えている!そんな時はどうする?

雨樋の中から草が生えている!そんな時はどうする? | 雨漏り関連
わたしたちがお家の調査をする際に、雨樋の中から草が生えている光景に遭遇します。 弊社では一部のスタッフが「雨樋プランター」なんて言っています...。 雨樋に雑草が生えてしまう一番の原因は、風に巻き上げられた砂や土が雨樋内部にたまるこ…
原因不明の雨漏りを特定するには「散水調査」がオススメ! | 雨漏り関連

原因不明の雨漏りを特定するには「散水調査」がオススメ!

原因不明の雨漏りを特定するには「散水調査」がオススメ! | 雨漏り関連
大雨や台風が起きたときに、次の日に高い確率でお問い合わせをいただくのが、「雨漏り」です。 その中でも原因の分からない雨漏りが発生したときは、お家に何らかの劣化症状が起きている証拠です。 放置すると、更にお家の劣化スピードを早めてしまいま…
屋根にコケや藻(も)が発生する原因とは? | 塗装関連

屋根にコケや藻(も)が発生する原因とは?

屋根にコケや藻(も)が発生する原因とは? | 塗装関連
普段近くで目にすることの少ない屋根表面。 でもよく見ると、少し赤茶けていたり、緑がかっていたりする部分がありませんか? それはコケや藻(も)が屋根表面に発生しているために起こっている変色です。 コケや藻(も)は建物の周辺環境などが多少…
FRP防水のメンテナンス法とメリット・デメリットについて | 防水関連

FRP防水のメンテナンス法とメリット・デメリットについて

FRP防水のメンテナンス法とメリット・デメリットについて | 防水関連
ベランダやバルコニー、屋上など、住宅の外部にある水平部分には必ず防水工事が必要です。 これらの場所にしっかりと防水工事が行われていない場合、雨漏りなどの不具合につながってしまいます。 防水工事にもいくつか種類がありますが、今回は近年戸建…
外壁の塗料は水性の塗料塗料でも大丈夫?水性塗料のメリット・デメリット | 塗装関連

外壁の塗料は水性の塗料塗料でも大丈夫?水性塗料のメリット・デメリット

外壁の塗料は水性の塗料塗料でも大丈夫?水性塗料のメリット・デメリット | 塗装関連
屋根や外壁の塗装に使われる塗料には、水性塗料と油性塗料があります。 数十年前は水性塗料は耐久性が溶剤(油性)の塗料に比べて弱いという認識でした。 しかし、近年では水性塗料は改良され、耐久性に優れた塗料が数多くあります。 今回は水性塗料…

火災保険と地震保険の補償内容は違う?

台風や地震などの自然災害により、家屋が大きな被害を受けるのをニュースなどで目にすることが増えています。 マイホームを購入したり家を借りるタイミングで、火災保険や地震保険に加入しようと考えている人は多いでしょう。 台風や地震などの災害によ…
ベランダ防水の種類について(ウレタン・FRP・シート) | 防水関連

ベランダ防水の種類について(ウレタン・FRP・シート)

ベランダ防水の種類について(ウレタン・FRP・シート) | 防水関連
ベランダの防水は、建物への雨水を遮断し、漏水を防ぐことを目的としているため、 雨風や紫外線の影響を直接受けているベランダは定期的な補修や防水工事がとても重要です。 ベランダ防水工事は、下地に「防水層」を、そしてその表面に「トップコート」…
梅雨入り前に揃えておきたい!雨漏りお役立ちグッズ | 雨漏り関連

梅雨入り前に揃えておきたい!雨漏りお役立ちグッズ

梅雨入り前に揃えておきたい!雨漏りお役立ちグッズ | 雨漏り関連
群馬県を含む関東地方はまもなく梅雨入りを迎え、毎日のように雨が降り続く日が来ます。 梅雨入りに起こりうるお家のトラブルと言えば「雨漏り」です。 実際に、私たち屋根の専門業者からすると、雨漏り修理の問い合わせが急増する時期という認識が非常…

どんな時に依頼する?火災保険適用のポイント

火災保険は火事の時だけに建物や家財の損害を補償してくれるための保険だと思っていませんか? 数年前の全国で大雪の被害が多発した際に、火災保険が適用になることを知った方も少なくないのではないでしょうか。 しかし、実際に保険を使うとなったとき…
雨漏りの原因と考えられる3つの発生場所のチェックポイント | その他

雨漏りの原因と考えられる3つの発生場所のチェックポイント

雨漏りの原因と考えられる3つの発生場所のチェックポイント | その他
雨が続いた後、ふと気が付くと天井や壁が濡れているということはありませんか? そのままにしておくとさらなる老朽化の原因となり、カビなどの温床になります。 雨漏りを早く発見し、その原因を見つけて対策をする必要があります。  …
TOP